紀伊半島二人旅~1日目~

これは何

2018/08/09~2018/08/11に二泊三日紀伊半島電車旅をやったので、そろそろ忘れそうだしまとめとくかという気持ちでまとめた記事です。

 

以下のアカウントの呟きで大体どういった旅だったかは把握できるかと思います。

 

twitter.com

 

feele.hatenablog.com

feele.hatenablog.com

feele.hatenablog.com

feele.hatenablog.com

 

 

 

1日目その1:畝傍駅和歌山駅

朝5:00起床。畝傍駅05:59始発の電車に乗る予定です。途中のコンビニで朝食を買い、そのまま畝傍駅に向かいます。

ただ早速ここで一つ問題があり、畝傍駅無人駅のためいつ18切符を切ってもらうかに戸惑いました。まあ結局次に降りる駅で切ってもらえばいいやということに落ち着いて実際それでいい感じに進んだのでええや~んって言ってた。

 

 

そのまま五條で和歌山行きの電車に乗り換えます。この辺りから本(といってもkindle端末ですが)で読書を始めました。電車では基本的に読書か睡眠か次に着くとこの観光地探しをしていました。

 

 

さてここである考えが浮かびます。一日目は特に観光したい場所など和歌山城くらいしか思いつかない。電車もそれほど長く乗るわけでもない。つまり普通に移動しているだけだ謎の時間が生じる。

 

じゃあ適当に降りて散策するのもええんじゃね???

 

 

 はい。

ということで最初に訪れた場所、名倉八幡神社です。高い場所にあるのが特徴で、眺めはなかなかでした。この眺めを見て本当に知らない場所に旅行してるんだという実感が湧きました。

 

f:id:feele39:20180824181319j:plain

 

 

その後駅に戻り、駅員さんに色々話を聞いたところ、粉河紀三井寺がいいという話を聞けたので、とりあえず行ってみようということになりました。

そのまま電車に乗って粉河寺駅で降りました。

 

 

粉河寺へ向かう途中というか粉河寺の直前で、天照皇大神宮という神社に出会いました。まあこれは同じ名前の神社がたくさんある小さな神社なんですが、御神木がでかかったのと謎のフランクさが面白かったですね

 

 

 

f:id:feele39:20180824182907j:plain

 

み、み、みちこ~~~~~~~~

 

それで本命の粉河寺なんですが......思ってたより人いっぱいいたしそんなに見所ないしでちょっとがっかりタイプのとこでしたね。先代供養の場所みたいな感じの場所で、まあ確かに色々置いてるけどもっかい行く必要はないかなぁ見たいな、寺感のない場所でしたね。

 

 

さてそんなこんなで駅に戻り和歌山まで来ました。

 

 

しかしこの時の時刻10:40。早朝から活動していた自分にとってはお腹が空いていたためこの時間でも空いているお店を調べ、そこで昼御飯を食べました。

 

 

ツイートの通り、気さくな店主とこの旅の話などをして、和歌山城白浜三段壁に行くといいという話をしてもらえた上まさかの奢ってもらうということをして頂きました。本当にありがとうございます。美味しかったです。

みなさんも和歌山に行くことがあれば、是非この双六屋に行ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

1日目その2:和歌山駅紀伊田辺

以上のように話をしながらゆっくり食べて気づけば時刻は12:10。南方からの日差しが今の季節が夏であることを思い出させます。

 

さてそんなこんなでまず向かうは國懸神宮です。ここから歩いていけるいい感じの観光地がここと和歌山城だけだったので、まずは近い方と思いこちらへ向かいました。

 

ただ、後でこの考えは間違いだと気づくことになります。。。

 

 

國懸神宮自体はいくつかの社が集まっているような場所で、中での撮影がダメっぽかったので写真はありません。

なんとなく説明すると、林の中に中の字状の玉砂利道があり、上方にいい感じに社がある感じです。静謐という二文字が滲み出ていましたが、蝉の声や近くの中学の野球少年の声などが聞こえてくるので...うーん......

 

 

f:id:feele39:20180824190512j:plain

 

さてここは早々に立ち去り和歌山城へ向かうことを決意したはいいのですが、ここで二つの選択肢が与えられました。徒歩で和歌山城まで行くか、電車(非JR)で和歌山駅まで行きそこから歩くかです。

最初は後者のつもりだったのですが、何を血迷ったか前者を選び43分歩く羽目になります。

 

そしてこの選択は歩き出して10分も経つと本当に後悔しました。

 

歩きすぎると疲れる、それはそう。

歩くと時間がかかる、それもそう。

 

しかしどれだけ歩くと疲れるか、どれだけ時間がかかるかということは思慮の外でした。

はぁ......

 

 

その後和歌山城に着き、有料の天守閣部分にある展示物などを眺めたりしましたが、正直疲れすぎていて真剣に見ることは碌にできませんでした。これはこの旅一二を争う反省点です。

 

まあとはいえ、和歌山城そのものは城内も周辺もいい感じでした。ここから撮るときれいだよ!スポットもあり、なかの展示物も見ごたえのある物ばかりで、何より天守閣からの眺めではが見え、これが水平線......などとも思えエモエモ~って感じでした。

 

 

f:id:feele39:20180824190439j:plain

 

さてそのあとは駅まで歩いて帰ります...はぁ......

そして悲しいことは続くものでして......

 

 

 鬱気味になってきてこれはよくないと思い、時間あるしお土産買うかと気分を入れ替え、特に渡すあてのないお土産を買ってしまいます。

 

 

そして次の電車に乗るのですが、ホテルのチェックインに間に合わないのと、純粋に足が死んでたので、紀三井寺や三段壁を諦めホテルに直行しました。

 

 

 

 

和歌山駅からずっと南下していき、御坊駅で乗り換え、本を読み進め途中で見えたり見えなかったり見えなかったり見えなかったりする海を眺めつつ、紀伊田辺まで着きました。

 

 

 

紀伊半島電車旅といえば車窓からの海というのはよく聞きますが、一理二里はあるといった感じで楽しめました。

ちなみに海がよく見えるのはどちらかと言えば2日目の方なので、なおさら明日への期待は高まります。

 

 

そしてそんなこんなで遂に紀伊田辺まで着きました。

 

 

そのままビジネスホテルに直行し──まあこの前後でもつらいことはあったのですが長くなるので省略──近くのスーパーで晩と朝の食料を買い、ゆっくり休みました。

 

 

こうして長い一日はひとまず幕を下ろします。